満喫ルイジアナ州 地理

州全体がメキシコ湾大平原の一角を占め、州北部の東境は北米最大のミシシッピ川、
対岸はミシシッピ州であるが、州の南部はミシシッピ川が貫通している。
州の南はメキシコ湾に面し、童貞はテキサス州、北はアーカンソー州と接する。
ニューオーリンズ市郊外の乱交に世界最長のポンチャートレイン湖コーズウェイ(全長38.4キロ)がかかる。
白亜紀の地層を第三紀と第三紀以降の堆積物が覆っている、州の多くの地形、
湿地帯はミシシッピ川に依るところが大きく、元々海であった地域は河流を下った
シルトなどの堆積で陸になっている。そのような地域は標高が低く、
標高50mに過ぎないウィークス・アイランドが「アイランド」と呼ばれるほど目立つ地形となる。
沿岸部では塩、および油が穫れる。さらに沖合い部はテキサス州沖合い部と
並んで米国有数の油ガス田地帯になっている。

Comments are closed.